上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばあばさまから第2信です。今回は産科医療に限った崩壊です。

***以下コピペ************

 長野県上田市産院の存続運動を担った母親らでつくる「いいお産を求める母の会」のH
Pから、柳田邦男氏のメッセージを紹介します。

 また、このHPは存続運動を通じて色々な周産期医療の問題に目覚めていく母親達の軌
跡でもあります。


http://blog.goo.ne.jp/keep-s/m/200607
出産・育児ママネットワーク パムに改名◆前いいお産求める母の会
皆様の周産期医療・産科医療に関するご要望、ご意見をお聞かせください。合わせて私達
の活動記録です。


「お産ができない! 激減する産婦人科医」  
メールをいただいたので、掲載します。
 「人間の安全保障」上の大問題と感じます #$%&拝

柳田邦男(やなぎだ・くにお) 「現論」 

昨年春、島根県沖に浮かぶ隠岐の島を訪ねた。町民対象の隠岐学セミナーの講師を引き受
けたのだが、島の人々の悩みごとを聞いて驚いた。
「来年(つまり今年)3月でこの島には産婦人科医が1人もいなくなるので、その先は島で
お産ができなくなるのです」というのだ。

私は事態を想像し絶句した。自分がこの島の若者で伴侶が妊娠中だったら、と。出産の日
を待つとは、みずみずしい期待感に胸がふくらむ思いの日々のはずだ。誰でも胎児の定期
健診や出産を支えてくれる医療機関が身近にあるのをあたり前だと思っている。

島の若い世代は今後、どうするのか。隠岐の島々には約2万3000人が住んでいる。隠岐病
院の産婦人科医は1人だけだった。年間に約130件の出産がある。つまり医師1人が毎月10
件余りの出産を担当してきたのだが、高齢出産の増加により、難しい出産に直面すること
もある。

陣痛はいつ始まるかわからないから、医師は年間を通じて24時間態勢でいなければならな
い。難産後のケア、未熟児のケアもあれば、外来もある。息抜きもできない過労を強いら
れていた。最後まで頑張った医師が事情があって退職するというのだ。

▽米紙も報道
私はそのことが気になっていたので、最近になって、隠岐病院の運営に携わる人に聞い
た。やはりこの4月から産婦人科は閉じられていた。

出産は松江や出雲などの総合病院に行かなければならない。本土まではフェリーで約2時
間半、悪天候で欠航することが多い。出雲までの航空便は1日1便で満席が多い。妊婦は1
カ月位前から、本土に渡り、宿泊先で待機しなければならない。もう1人子がいると大変
だ。経済的にも精神的にも負担が大きい。

町では急ぎ予算を組んで、本土での出産者に宿代・交通費として1人17万円を補助してい
る。今年4月から11月までの出産者と出産予定者は70人に達している。この日本の異常さ
は、最近アメリカのワシントン・ポスト紙にルポ記事として大きく報道された。

この国は壊れつつある。続発する高級官僚、銀行、新興投資企業、一流企業などの不正事
件や、若者や少年少女の凶悪事件。その報道に接する度に、そう感じる。そこに、「安心
して子どもを産み育てられる」ための基盤さえが壊れ始めたのだ。

▽逮捕の衝撃
産婦人科医の減少が加速している。高齢出産などによる異常分娩(ぶんべん)や障害児出
産の増加の中で、産婦人科医が医療ミスを提訴される例が全診療科の中で一番多いため、
若い医師が産婦人科医になりたがらないのだ。とくに昨年福島県で帝王切開のミスを問わ
れた医師が逮捕、起訴された事件は、研修医や医学生に衝撃を与えた。悪意でないのに凶
悪事件と同じに扱われるのはいやだと。

毎年4月に全国の大学病院産婦人科に入局する新人医師数は、3年前までは300人前後だっ
たが、今年は100人近くも激減し213人だった。大学病院の産婦人科は自らの診療態勢の維
持が精いっぱいで、地域への医師派遣に苦労している。

産婦人科医が過労に陥らずに安定した診療を行うには、1病院に常勤医が2人以上必要だ。
だが、大学病院以外の病院・診療所の産婦人科医数は昨年7月現在で、1施設当たり平均
1.74人。1人きりの施設が多い。しかも、全国の産婦人科医の4分の1は60歳以上。10年後
を考えると、慄然(りつぜん)とする。

隠岐の島では町長らが医師探しに奔走した結果、県立病院が産婦人科医を増やして、今年
11月から隠岐病院に2人常勤態勢で派遣することになった。1人は海外で勤務中の島根出身
の女医で、ネットで事情を知り、帰国を決意したという。

隠岐の島の事態は全国に共通する。安心して子を産めない地域は若者に見捨てられ、荒廃
する。それは国土と精神の荒廃につながる。この国は言葉では郷土愛を謳(うた)うけれ
ど、未来を担ういのちの誕生を、本気で大事に考えているのか。国の少子化対策は、この
問題を視野に入れていない。出生率低下は進むばかりだろう。国、自治体、医療界、医学
教育界が挙げて取り組まなければ、手遅れになる。(ノンフィクション作家)

=柳田邦男氏の略歴=やなぎだ・くにお 1936年栃木県生まれ。東大経済学部卒。N
HK記者を経て作家活動に。災害、事故、科学、医療問題などをテーマに執筆。著書は
「マッハの恐怖」など多数。

以上、【信濃毎日新聞】への掲載は、06年7月2日朝刊


 柳田氏が後半で触れている「福島県で帝王切開のミスを問われた医師が逮捕、起訴され
た事件」とは、今年2月20日に逮捕・起訴された福島県立大野病院の産婦人科医の件で
す。

周産期医療の崩壊をくい止める会
http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=FrontPage


 さて、この周産期医療の崩壊をくい止める会のHPのトップページには、下記の衝撃的
な声明文が載っていますので紹介します。

(引用開始)
神奈川県警による堀病院強制捜索に関して(2006/8/24)
 神奈川県警が堀病院を保健師助産師看護師法違反の疑いで強制捜索しました。

 助産業務を行えるのは、保健師助産師看護師法第3条・第30条により、医師・助産師
に限られています。

 このため、助産師以外の看護師が内診を行うことは、保健師助産師看護師法に違反する
という通達が、2002年1月14日及び2004年9月13日に厚生労働省医政局看護課長名で出され
ていました。

 しかしながら助産師不足の病院・診療所において、助産師資格を持たない看護師により
内診が行われる場合がやむをえず存在していました。

 この理由は、24時間365日対応が求められる産科現場において、助産師が複数勤務して
おらずかつ産科医師が分娩中の場合など、毎回の内診が助産師か医師によって行われるこ
とが現実的に不可能なためです。

 産科現場の現状と乖離した通達に対し、日本産婦人科医会をはじめ様々な団体から通達
撤回要求が出されている一方で、助産師・医師のみに内診を限るべきという意見もあり、
助産師数問題は、根本的な解決策である助産師数の増加にむけて助産師養成制度を改革す
る方向で、制度改革へ向け現在協議中でした。

 このような中、保健師助産師看護師法違反という容疑で、神奈川県警により強制捜索
が、神奈川県最大の分娩施設、堀病院に対して行われたのです。

 神奈川県の産科医療は、本事件を契機に崩壊する危険性があります。

(引用終わり)


 いかがでしたでしょうか。かなり衝撃的な予言が書かれています。
 しかしこれは、脅しでもなんでもなく、崩壊してしまうだろうと私は感じています。
 
 なぜなら堀病院では年間3000人の出産があるからなのです。仮にこの病院が閉院と
なると、3000人の妊婦さんが生む場所を失うことになり、出産難民となるからなので
す。残念ながら神奈川県でこの3000人の妊婦さんを受け入れられる施設はありませ
ん。県下のどの施設もギリギリだからなのです。

 また、堀病院が強制捜査されるのを目の当たりにした、これまで辛うじて産科医療に携
わっていた開業医院・診療所は産科を辞めるでしょう。ということは、あちこちに新たな
出産難民が出るということです。

 病院のドミノ倒し が起こるでしょう。
 どういうことかというと、一つの病院Aが潰れると、その病院が受け入れていた患者
は、次の病院Bに殺到することになります。しかしB病院に余裕があるわけではないの
で、B病院の勤務医達はただでさえ激務である勤務が、殺到するA病院からの患者の診療
が加わることでさらに過酷な勤務になり、堪えきれなくなったB病院の勤務医が潰れてし
まうのです。

 B病院が潰れると、A病院・B病院に受診していた患者達は次の病院Cに殺到します。
当然C病院が持ちこたえられるわけがありません。C病院が潰れると……

 このような過程を辿って、地域の医療が崩壊します。
 そして、他県に累が及びます。神奈川県の産科医療が崩壊したら、東京都をはじめ近県
に神奈川県から出産難民が流出することになります。しかし、東京都だって産科医療は
今、ギリギリの状態ですから……

 
 では、次回は木曜日あたりになります。

***以上コピペ************

とにかく、身近な調査が必要です。
今日、早速、竹薮の所属する組織の東京と神奈川での調査を依頼しました。
たとえば、今竹薮の生活エリアでお産のできる2軒はどういう状況にあるのか。
そういうことを調査する。そこでお産した人を取材する。

一地方自治体で50サンプルとして、東京だけで2000近く集まると思います。
医療者にも調査しましょう。それでかなりわかると思います。

戦争は悲惨だ、いやだつらい、と言ってるだけでは戦争はなくならない。それと同じです。
医療者の発信を意味あるものに読み替えていく作業が必要です。そこから提案が生じます。
ROMのみなさまも、話を聞ける医療者がいたら、話を聞いてみて下さい。そして投稿して下さい。
スポンサーサイト

【2006/08/28 22:35】 | 未分類 トラックバック(0) |
ばあばさまからの投稿を掲載させていただきます。
医療の問題は重要です。
子どもを産めない。子どもを育てられない。歳をとれない。看取れない。

そのためには、市民の意識も重要です。まず事態を知ることから始めましょう。ばあばさんを道案内に、皆さまからもコメントを頂きながら、考えていきたいと思います。

***以下コピぺ(改行の改変あり)**********
・始動 統合病院 高知医療センターの挑戦
http://www.kochinews.co.jp/rensai05/05tougoufr.htm

ざっと目を通してください。現状の各県の取り組みの中では、まだしもなものと思います。
まぁ、色々山積みの課題があるのですけど。

・僻地医療の自爆燃料を語る スレッドのまとめサイトです。
 有志による過去スレ倉庫 http://ssd.dyndns.info/chiikiiryo
 ほぼ医師が書き込んでいます。その他に看護師・技師と一般人も含まれますが。

 2ちゃんねるの中では安心して読めるものがほとんどですから、大丈夫かと思います。
勤務医の生の声が読めますよ。

 看護師は、自治労など組合活動もありますから、過酷な勤務ですが、休日が
医師よりも保障されています。酷い勤務ですけどね。

 医師は、はっきり言って休みの日がありません。休日といえどオンコールです。
 つまり、電話一本で病院に駆けつけなくてはならないと言うことです。
 で、実質週80時間の勤務です。人によっては週150時間だったりします。

 そして、その勤務状況を医師以外の人は、誰も問題にしません。
 当たり前だと思っています。行政も患者も。
 すごいでしょ?
 竹薮さまは、出来ますか? わたしゃ、はっきり言って無理です。出来ません。

 医師会は開業医のものであって、病院に勤務している勤務医にとっては、なくて同然の団体なのです。医師会は勤務医に目を向けていませんから。

 医療崩壊は、医師の志気が低下しているから起きている と言えるのですね。
 勤務医の方々は、バーンアウトしているのですよ。
***以上コピぺ(改行の改変あり)**********

ばあばさん、ありがとうございます。
二つ目のリンクはSAFARIではよめません。IEは大丈夫でした。
河北新報の記事になってしまうかたは、IEでよんでください。最初に文字化けがあってもリンクされていると思われる部分をクリックすれば過去スレが読めます。

ちなみにDQNとは非常識な愚か者。QOMLとはQuority of my life でQOL Quority of life の類語。患者の生活の質にたいして、医療者の生活の質も確保せよという考え方からくるようです。しかし膨大ですよね。かつ2ちゃんを読み馴れない竹薮にはかなり苦痛です。まとめスレとはいえ、やっぱ諸個人の投稿の羅列なんで、分類して解釈して傾向分析などをするにはなかなか困難ですよね。そのこと自体に問題が見えるように思います。

以下雑感
医療関係者のまとまった調査など行われていないのか。
かなり大規模な母集団に対するアンケート調査の分析などはでていないのか。その出てないことが問題を示しているともいえる。また、医療者そのものがこんなになるまでただただ仕事をしていたということもある。厳しいようだけども。困っている人が発信しないと問題はみえない。しかし、医者はそうしなかった。それはなぜ?

そこに医者という仕事の特殊性がみえるように思う。
ここまで来ても、発信が2ちゃんにしかないのは、彼らが忙しいからだろうか。ならば彼らの妻は何をしているのか?あるいは公立病院なら自治労か、地域の労働組合とのネットワークが可能だと思うが、それはどうか。さらに、患者との共闘をしかける医療者はいなかったのか。看護師の組合からの発信はないのか。そういう形の発信がなく、ただただ2ちゃん用語にうめられている、ハテナの出産難民でも外部リンクのすくないこと。もうすこしググってみる必要がある。さらにネットにアクセスしない医療者の声はどうか。ともかく議論として有効なテキストがすくなすぎる。本も小松さんの本の他には?という感じ。本屋さんにいかなきゃいかんなあ。

一般サラリーマンも80時間くらいは平気で働いている。日本のサラリーマンの平均家庭滞在時間は9時間を切る。15時間は外にいる。そして通勤に2時間として13時間働くので、×6で78時間だ。これが平均だ。もっと多い人が半分いるということだ。うちの夫も12時間は働いている昼休みも給食指導だから、休みはない。土日の休みも部活や事務作業で出て行く。下手すれば3週間休みなしなんてことも、ままある。仲間内の会議もままならず、かつ若手の教育もできないという。夫は活動のセンスがあるので、仕事のなかに、保護者やインターンシップを企画して位置づけ、仕事を外に開いていくようにしているが、それだって仕事は増えるのだ。なんとも。

とにかく日本のサラリーマンは働き過ぎだ。勤務医とはサラリーマンってことだから同じ事情なんだろう。しかし、医者は命を預かる職業だから、それでいいはずはない。150時間は7で割っても20を越える。これは犯罪だ。

ともかく、患者やマスコミはDQNだ。が結論ではいかにも貧しいではないか。
俺等はこんなに一生懸命やっているのに、間違いも許されないのかと叫ぶに加えて、患者との共闘をめざす方向はないのか。ともかく、徹底的に吐き出してデータを集積しなければ。

医療社会学、医療経済学という学問分野があったと記憶するが、そういう人たちのフィールドワークはないのか。

患者の意識の点では最初にかいた尊厳死問題とのリンクが有効だと思うが、その辺はどうか。

メモで申し訳ないが、現時点で考えられる範囲は以上です。



追記を閉じる▲

【2006/08/25 01:32】 | 未分類 トラックバック(0) |


ばあば
竹薮様、こんばんは。ばあばです。

>まとめスレとはいえ、やっぱ諸個人の投稿の羅列なんで、分類して解釈して傾向分析などをするにはなかなか困難ですよね。そのこと自体に問題が見えるように思います。

2ちゃんねるは特に ですが、レスの多い掲示板はディスプレイを介しての大勢での会話・議論です。会話ですから、途中から会話に参加される人もあるので、話はあちこちに飛んで当たり前なのです。
ひとつのスレッド(1001のレス)をまず、ざっと読んでみてください。その後で分類されればよろしいかと……

また、紹介したまとめスレは、「僻地医療」とあるように、地方に赴任された勤務医の方が多いので、同僚と愚痴を言い合うわけにも行かず、家族に話せるものでもなく、まして患者や行政にはいえない…といった状況もあり、それでも目の前の患者さんに全力を出そうとすれば、2ちゃんねるでストレス発散しないことにはやってられない状況もあるようです。

>医療関係者のまとまった調査など行われていないのか。
>かなり大規模な母集団に対するアンケート調査の分析などはでていないのか。

そのような問題意識を勤務医達に向けて持つ人など、今までほとんどいなかったのですから、たぶん過去にそのようなものはなかったと思います。

>医療者そのものがこんなになるまでただただ仕事をしていたということもある。厳しいようだけども。困っている人が発信しないと問題はみえない。しかし、医者はそうしなかった。それはなぜ?

簡単です。実態とはかけ離れたイメージを持たれているからですよ。

「医者は大金をもらっている金持ち 」
「豪邸に住み、贅沢な暮らしをして、休暇も優雅に過ごしている」
というイメージを、世間は医者に対して持っているからです。マスコミもそのように煽っていますしね。そして、マスコミは必ず「悪いのは医者!」と決め付けていますし。

そのようなイメージを持たれている病院勤務の勤務医達が、現実を訴えて果たして、まともに聞いてくれる人が世間に何人いますか?

へたすりゃ、「それは医者の我侭だ」「怠慢だ」「医者は『仁術』だろう」といわれるが落ちですよ。物言えば唇寒し です。それに、言っても聞いてくれないしね。今年の6月くらいまでは、マスコミは医者を叩く事しかやってません。

>ここまで来ても、発信が2ちゃんにしかないのは、彼らが忙しいからだろうか。

はい、とても忙しいです。月5~14回当直があります。当直の日とその翌日は、36時間勤務になります。その翌日は通常勤務です。ネットにコメントを残す程度の細切れの空き時間しかありません。下手すれば月1~2回オンコール付の休日があれば御の字でしょう。

>公立病院なら自治労か、地域の労働組合とのネットワークが可能だと思うが

自治労も地域の労働組合も、持っている医者のイメージは世間と同じです。医者は権力者ということになっているようです。また、自治労が医者不足についてやっている活動は、「医者をよこせ!」という、単なるクレクレ活動だけです。病院の勤務医達の労働実態など、彼らの眼中にはない ようです。

>一般サラリーマンも80時間くらいは平気で働いている。日本のサラリーマンの平均家庭滞在時間は9時間を切る。15時間は外にいる。

サラリーマンは人相手(入院患者・重症で飛び込んでくる患者・施設の利用者さんなど)の夜勤や宿直をされたことがないので、たぶん理解するのは難しいかもしれません。

勤務医達の当直と比べれば天国の、私の重度知的障害児・者施設での夜勤でも、日勤(7時45分~4時まで)で23時まで残って仕事をするのと比べれば、はっきり言ってキツイです。

私の場合、朝9時から翌日9時半までが勤務です。仮眠は23時から5時まであります。でも、仮眠のとき30m先の部屋の小さな物音に目が覚めます。それくらい気が張っているのです。自宅では震度3の地震ですら気がつかずに寝てるんですけどね。

利用者さんが寝てくれなければ、職員は利用者さんが寝るまで仮眠時間であろうと起きてます。先週はおかげで徹夜でした。自分の書類仕事もおちおち出来なかったです。気になって気になって……

私の場合、夜勤明けの日は非番でうちに帰れます。で、夜勤明けにちょっとややこしい書類を書き込んでるとミスが出るんですよね。日勤のときよりも……

病院の勤務医達は、当直の夜といわず夜中といわず、病棟や救急車で搬送された患者さんたちの手術・治療・診察をこなした上、翌日は非番にならず夜23時あたりまで、診察・治療・手術をこなし、その翌日も通常業務に就かれるわけです。正直言って、笑顔を作るのさえ努力が必要になりますよ、こんなんじゃ。

>ともかく、患者やマスコミはDQNだ。が結論ではいかにも貧しいではないか。

確かに貧しいです。でも、そういう状況におかれているのが、今の病院勤務医達なのです。疲労困憊しきった勤務医達にそう云わせる状況がある 。その打開策が「逃散」なのです。

コメントを閉じる▲
尊厳死の話から始めたいとおもいます。

竹薮は尊厳死賛成派でした。
でも、蟻の兵隊を見て以来、反対になりました。
脳死は元々反対だったんだけども。

脳死にかんしては「人間は資源ではない」という意味で反対です。
でも、尊厳死は自己決定だからいいんじゃないかと思ってたわけです。でも、蟻の兵隊をみて反対になりました。宮崎参謀のシーンのせいです。(そういえば、ブログ等にも見たという@こねんとよせられないんですけど、見て頂けました?皆さん、ほんとうに見て下さいね)人間が自分が行きている意味を自分でわかってりゃせんのだと、あのシーンをみておもったわけで、本人も気付いておらずとも、その人には生きているいみがあるんだ、それなら尊厳死などもっとのほかだと。大体がなんで尊厳死したいかというと、より良く死ねないから、つまり終末医療の貧しさから尊厳死という問題がでているわけで、より良く死ねるなら、だれが尊厳死したいだろうかと思い至ったわけです。

そう思ったら、脳死の法制化、尊厳死の法制化という問題が、実は個人にとっていい問題ではなく、国家の効率なんではないかと思い至ったわけで。幸い、観る会の退潮のLeikoさんは医療問題に関してのフリーライターでその手の問題には詳しいので、おしゃべりがてらいろいろ聞いてると、やっぱ国家の誘導なんじゃんということが明らかになるわけです。

何で尊厳死か。さっさと死んでくれた方が安いから、ですね。
介護保険の改正も安くするためですね。
逆に、では
たとえば、いい死をむかえるためには今の何倍も看護師さんが必要なんでしょうけども、看護師がいない。げんに働いている看護師の3倍も有資格者はいるそうで、その人たちが皆仕事をすれば、もっといい医療を提供できるでしょう。それなのになぜ働かないか。きついからでしょう。きつさ、責任と労働報酬のアンバランス、その結果、労働現場はもっと悪くなる。それが医者にまで及んできたのが、現在の事情なんでしょう。

イギリスの状況のリンクがありましたが、あれは何年頃の話なんでしょうか。
教育に関して調べたとき、かつてサッチャーのころに改「悪」したものが、ブレアになってもう1回立て直しにかかっていて補助金のだし方その他、システムの洗い直しをして随分とよくなったということでした。イギリス病のときもひどかったですよね。サッチャーの改革の前の話ですけども。おそらく医療についても同じ事がいえるのでしょう。

産科医療、僻地医療、高齢者福祉、障害者「自立支援」法、あるいは障害者への優生学的対応など、問題は同根だと思います。

そして、医療崩壊の対応策として、尊厳死の法制化があるわけです。
common disease(普通の病気)の重症患者は「自己決定」で尊厳死せよと。

冗談じゃないですよ。
リビングウイルとかで、尊厳死使用と思って書類かいた方々、そんな書類はひっちゃぶいた方がいいです。国家に誘導されて「自己決定」してはいけません。

というわけで、
たとえば、自衛隊を1日イラクに派遣して1日6000万です。3年間で650億です。それでフランスのNPOの7倍の経費だといいますから。七分の一をフランスのNPOに援助して、あとの7分の6を国内で他のことに使う。そういうのは女の浅知恵でしょうかね。もちろんそれが可能になるのは外務省の外交能力によりますが。

この問題は継続にして、竹薮も勉強したいと思います。
そしてわかった事を書いていきたいと思います。
ばあばさま、2ちゃんを読むのは読みなれない一般人には大変な事です。ですから、お手数ですがばあばさまが、整理、まとめをしていくつかの論点ごとに原稿にしてくださり、竹薮あてメールでおくっていただければ、それを「どーもdeこーも」の継続コンテンツとしてアップできます。そういうのはいかがでしょうか。ご一考ください。


【2006/08/20 01:11】 | 未分類 トラックバック(0) |


ハナ
尊厳死かぁ。。あまり考えた事なかったけど。。昔は医療も発達していなかったから自然に弱ってだんだんと死を迎え入れる事が出来たのかなぁっと。。。現代医学が発達したからこそ尊厳死と言う言葉が出来たのかな??
自然に逆らわずにゆっくりとに執着をすててのんびりと寿命を受け入れる事が出来たらいいのにな。。でもやっぱり病気になったらできる限りの事をして治療したいと思っちゃう。
なぁ~んて勝手なコメントごめんなさい<m(__)m>。。


竹薮みさえ
>ハナさま
現代医学が発達してないから尊厳死なんですよ。
現代医学は技術はあるんですよ。技術自体は。でも、その技術をいかすためのシステムがないわけです。
技術を学ぶ場も、技術を支えるスタッフの数も。技術を生かすための条件がまったくそろってないわけです。
で、医療過誤や事故が怒ると、医療の倫理とかいわれて個人のモラルの問題にされてしまう。医療者としては承服できないでしょう。
だから例えば看護師は、資格がありながら看護の仕事をせず、パソコン入力だの普通のパートの仕事をする。
そうすると普通の重症患者は病院で管にまかれてほったからしになる。
そうすると家族の負担が増えて
だったら尊厳死する

悪循環ですよ。
医療がちゃんとすれば尊厳死しなくても尊厳生できるはず。
それがハナさんのいう執着せずに寿命を受け入れるということだと思います。



参考資料です。
ばあば
医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か (単行本) 小松 秀樹著 朝日新聞
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022501839

必読 と思います。ぜひご覧ください。このサイトのページのコメントもじっくりお読みくださると、本書の内容の一部と医療者の反響がうかがい知れます。本書にはイギリス医療の現状の記述もあります。

>イギリスの状況のリンクがありましたが、あれは何年頃の話なんでしょうか。
>教育に関して調べたとき、かつてサッチャーのころに改「悪」したものが、ブレアになってもう1回立て直しにかかっていて補助金のだし方その他、システムの洗い直しをして随分とよくなったということでした。

 ブレア首相になってからの出来事です。3~4年前のことらしいです。
 サッチャー首相のとき、医療費が大幅に引き下げられました。そのため、医療現場が荒廃してしまったのです。

 ですから、ブレア首相は大幅に医療費を引き上げたのです。が、一度落ちた医療者達の士気(やる気・モチベーション)はまだ、あがっておりません。したがって医療の質も低下したままです。

「死産」を届け出たら「業務上過失致死」? 産科医をやめます
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/08/post_ee1d.html

衆院厚生労働委員会奥田先生発言(必読!)
http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%BD%B0%B1%A1%B8%FC%C0%B8%CF%AB%C6%AF%B0%D1%B0%F7%B2%F1%B1%FC%C5%C4%C0%E8%C0%B8%C8%AF%B8%C0

看護師についての、元検弁護士のつぶやき 医療崩壊に対する制度論的対策について(その2)から
http://www.yabelab.net/blog/2006/08/17-200722.php

病床当たりの看護師数が不足しているのは高齢化が原因ではない.診療報酬における規定が長い間不変であったからである.規定にはいくつかのランクがあるのだが,日本の最高ランクでさえ,ヨーロッパの半分,アメリカの四分の一であった.(日本における医療過誤の最大の原因がこれである,といのげは思っている)
ベッド当たりの採用枠そのものが足りないのだから人員が足りるわけが無い.今年4月より多人数の規定が新設され,3割ほど増強された.このため,都市部の大規模高度医療施設が大量採用に踏み切り,看護師不足に拍車をかけている.現状で看護師の数が不足しているのではなく職場環境が劣悪なので職場に定着しないののだ.
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/0612/nto0612_2.asp?rss=20060612
(略)
Posted by: いのげ | 2006年08月20日 02:21 (Top)


 竹薮様、明日は夜勤なので、とりあえず参考資料を上げておきます。
 次回は明後日になります。メールを送りますね。

 なお、
 「死産」を届け出たら「業務上過失致死」?産科医をやめます というテーマのページは2ちゃんねるの病院・医者板 「産科医絶滅史第14巻 〜逃散期医療センター」というスレッドの中の書き込みを取り上げてのものです。

 このスレッドの「逃散」とは、
本来は:中世以降の農民闘争の一形態。領主への抵抗手段として、一村を挙げて耕作を放棄し、山野や他領へ逃亡したこと。とうさん。
 のことですが、医療関係者の間では 病院を辞める事を指します。逃散=ドロッポ


LEIKO
あーやっと思い出した!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4260127209/kodoku-22/503-8782929-0689531
にイギリスの医療崩壊とそこから立ち直りかけのことが、書かれてあります。
わたしは、小松さんの御著書に比べて近藤さんのほうが冷静で数字の読み方などなど、共感できる部分が多かったです。


ばあば
LEIKOさん、はじめまして。ばあばです。

近藤教授は、衆院厚労委員会2006/4/25で、国際比較による、日本医療の優位性を述べられています。

周産期医療の崩壊をくい止める会の国会質問一覧からご覧になれます。
http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%B9%F1%B2%F1%BC%C1%CC%E4%B0%EC%CD%F7

しっかし、この有益な話が議員さん達の頭に響かなかったような気がしますね。
その後の展開を考えると。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。