上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばあばさまからの投稿を掲載させていただきます。
医療の問題は重要です。
子どもを産めない。子どもを育てられない。歳をとれない。看取れない。

そのためには、市民の意識も重要です。まず事態を知ることから始めましょう。ばあばさんを道案内に、皆さまからもコメントを頂きながら、考えていきたいと思います。

***以下コピぺ(改行の改変あり)**********
・始動 統合病院 高知医療センターの挑戦
http://www.kochinews.co.jp/rensai05/05tougoufr.htm

ざっと目を通してください。現状の各県の取り組みの中では、まだしもなものと思います。
まぁ、色々山積みの課題があるのですけど。

・僻地医療の自爆燃料を語る スレッドのまとめサイトです。
 有志による過去スレ倉庫 http://ssd.dyndns.info/chiikiiryo
 ほぼ医師が書き込んでいます。その他に看護師・技師と一般人も含まれますが。

 2ちゃんねるの中では安心して読めるものがほとんどですから、大丈夫かと思います。
勤務医の生の声が読めますよ。

 看護師は、自治労など組合活動もありますから、過酷な勤務ですが、休日が
医師よりも保障されています。酷い勤務ですけどね。

 医師は、はっきり言って休みの日がありません。休日といえどオンコールです。
 つまり、電話一本で病院に駆けつけなくてはならないと言うことです。
 で、実質週80時間の勤務です。人によっては週150時間だったりします。

 そして、その勤務状況を医師以外の人は、誰も問題にしません。
 当たり前だと思っています。行政も患者も。
 すごいでしょ?
 竹薮さまは、出来ますか? わたしゃ、はっきり言って無理です。出来ません。

 医師会は開業医のものであって、病院に勤務している勤務医にとっては、なくて同然の団体なのです。医師会は勤務医に目を向けていませんから。

 医療崩壊は、医師の志気が低下しているから起きている と言えるのですね。
 勤務医の方々は、バーンアウトしているのですよ。
***以上コピぺ(改行の改変あり)**********

ばあばさん、ありがとうございます。
二つ目のリンクはSAFARIではよめません。IEは大丈夫でした。
河北新報の記事になってしまうかたは、IEでよんでください。最初に文字化けがあってもリンクされていると思われる部分をクリックすれば過去スレが読めます。

ちなみにDQNとは非常識な愚か者。QOMLとはQuority of my life でQOL Quority of life の類語。患者の生活の質にたいして、医療者の生活の質も確保せよという考え方からくるようです。しかし膨大ですよね。かつ2ちゃんを読み馴れない竹薮にはかなり苦痛です。まとめスレとはいえ、やっぱ諸個人の投稿の羅列なんで、分類して解釈して傾向分析などをするにはなかなか困難ですよね。そのこと自体に問題が見えるように思います。

以下雑感
医療関係者のまとまった調査など行われていないのか。
かなり大規模な母集団に対するアンケート調査の分析などはでていないのか。その出てないことが問題を示しているともいえる。また、医療者そのものがこんなになるまでただただ仕事をしていたということもある。厳しいようだけども。困っている人が発信しないと問題はみえない。しかし、医者はそうしなかった。それはなぜ?

そこに医者という仕事の特殊性がみえるように思う。
ここまで来ても、発信が2ちゃんにしかないのは、彼らが忙しいからだろうか。ならば彼らの妻は何をしているのか?あるいは公立病院なら自治労か、地域の労働組合とのネットワークが可能だと思うが、それはどうか。さらに、患者との共闘をしかける医療者はいなかったのか。看護師の組合からの発信はないのか。そういう形の発信がなく、ただただ2ちゃん用語にうめられている、ハテナの出産難民でも外部リンクのすくないこと。もうすこしググってみる必要がある。さらにネットにアクセスしない医療者の声はどうか。ともかく議論として有効なテキストがすくなすぎる。本も小松さんの本の他には?という感じ。本屋さんにいかなきゃいかんなあ。

一般サラリーマンも80時間くらいは平気で働いている。日本のサラリーマンの平均家庭滞在時間は9時間を切る。15時間は外にいる。そして通勤に2時間として13時間働くので、×6で78時間だ。これが平均だ。もっと多い人が半分いるということだ。うちの夫も12時間は働いている昼休みも給食指導だから、休みはない。土日の休みも部活や事務作業で出て行く。下手すれば3週間休みなしなんてことも、ままある。仲間内の会議もままならず、かつ若手の教育もできないという。夫は活動のセンスがあるので、仕事のなかに、保護者やインターンシップを企画して位置づけ、仕事を外に開いていくようにしているが、それだって仕事は増えるのだ。なんとも。

とにかく日本のサラリーマンは働き過ぎだ。勤務医とはサラリーマンってことだから同じ事情なんだろう。しかし、医者は命を預かる職業だから、それでいいはずはない。150時間は7で割っても20を越える。これは犯罪だ。

ともかく、患者やマスコミはDQNだ。が結論ではいかにも貧しいではないか。
俺等はこんなに一生懸命やっているのに、間違いも許されないのかと叫ぶに加えて、患者との共闘をめざす方向はないのか。ともかく、徹底的に吐き出してデータを集積しなければ。

医療社会学、医療経済学という学問分野があったと記憶するが、そういう人たちのフィールドワークはないのか。

患者の意識の点では最初にかいた尊厳死問題とのリンクが有効だと思うが、その辺はどうか。

メモで申し訳ないが、現時点で考えられる範囲は以上です。

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ばあばさん、ありがとうございます。
二つ目のリンクはSAFARIではよめません。IEは大丈夫でした。
河北新報の記事になってしまうかたは、IEでよんでください。最初に文字化けがあってもリンクされていると思われる部分をクリックすれば過去スレが読めます。

ちなみにDQNとは非常識な愚か者。QOMLとはQuority of my life でQOL Quority of life の類語。患者の生活の質にたいして、医療者の生活の質も確保せよという考え方からくるようです。しかし膨大ですよね。かつ2ちゃんを読み馴れない竹薮にはかなり苦痛です。まとめスレとはいえ、やっぱ諸個人の投稿の羅列なんで、分類して解釈して傾向分析などをするにはなかなか困難ですよね。そのこと自体に問題が見えるように思います。

以下雑感
医療関係者のまとまった調査など行われていないのか。
かなり大規模な母集団に対するアンケート調査の分析などはでていないのか。その出てないことが問題を示しているともいえる。また、医療者そのものがこんなになるまでただただ仕事をしていたということもある。厳しいようだけども。困っている人が発信しないと問題はみえない。しかし、医者はそうしなかった。それはなぜ?

そこに医者という仕事の特殊性がみえるように思う。
ここまで来ても、発信が2ちゃんにしかないのは、彼らが忙しいからだろうか。ならば彼らの妻は何をしているのか?あるいは公立病院なら自治労か、地域の労働組合とのネットワークが可能だと思うが、それはどうか。さらに、患者との共闘をしかける医療者はいなかったのか。看護師の組合からの発信はないのか。そういう形の発信がなく、ただただ2ちゃん用語にうめられている、ハテナの出産難民でも外部リンクのすくないこと。もうすこしググってみる必要がある。さらにネットにアクセスしない医療者の声はどうか。ともかく議論として有効なテキストがすくなすぎる。本も小松さんの本の他には?という感じ。本屋さんにいかなきゃいかんなあ。

一般サラリーマンも80時間くらいは平気で働いている。日本のサラリーマンの平均家庭滞在時間は9時間を切る。15時間は外にいる。そして通勤に2時間として13時間働くので、×6で78時間だ。これが平均だ。もっと多い人が半分いるということだ。うちの夫も12時間は働いている昼休みも給食指導だから、休みはない。土日の休みも部活や事務作業で出て行く。下手すれば3週間休みなしなんてことも、ままある。仲間内の会議もままならず、かつ若手の教育もできないという。夫は活動のセンスがあるので、仕事のなかに、保護者やインターンシップを企画して位置づけ、仕事を外に開いていくようにしているが、それだって仕事は増えるのだ。なんとも。

とにかく日本のサラリーマンは働き過ぎだ。勤務医とはサラリーマンってことだから同じ事情なんだろう。しかし、医者は命を預かる職業だから、それでいいはずはない。150時間は7で割っても20を越える。これは犯罪だ。

ともかく、患者やマスコミはDQNだ。が結論ではいかにも貧しいではないか。
俺等はこんなに一生懸命やっているのに、間違いも許されないのかと叫ぶに加えて、患者との共闘をめざす方向はないのか。ともかく、徹底的に吐き出してデータを集積しなければ。

医療社会学、医療経済学という学問分野があったと記憶するが、そういう人たちのフィールドワークはないのか。

患者の意識の点では最初にかいた尊厳死問題とのリンクが有効だと思うが、その辺はどうか。

メモで申し訳ないが、現時点で考えられる範囲は以上です。

スポンサーサイト

【2006/08/25 01:32】 | 未分類 トラックバック(0) |


ばあば
竹薮様、こんばんは。ばあばです。

>まとめスレとはいえ、やっぱ諸個人の投稿の羅列なんで、分類して解釈して傾向分析などをするにはなかなか困難ですよね。そのこと自体に問題が見えるように思います。

2ちゃんねるは特に ですが、レスの多い掲示板はディスプレイを介しての大勢での会話・議論です。会話ですから、途中から会話に参加される人もあるので、話はあちこちに飛んで当たり前なのです。
ひとつのスレッド(1001のレス)をまず、ざっと読んでみてください。その後で分類されればよろしいかと……

また、紹介したまとめスレは、「僻地医療」とあるように、地方に赴任された勤務医の方が多いので、同僚と愚痴を言い合うわけにも行かず、家族に話せるものでもなく、まして患者や行政にはいえない…といった状況もあり、それでも目の前の患者さんに全力を出そうとすれば、2ちゃんねるでストレス発散しないことにはやってられない状況もあるようです。

>医療関係者のまとまった調査など行われていないのか。
>かなり大規模な母集団に対するアンケート調査の分析などはでていないのか。

そのような問題意識を勤務医達に向けて持つ人など、今までほとんどいなかったのですから、たぶん過去にそのようなものはなかったと思います。

>医療者そのものがこんなになるまでただただ仕事をしていたということもある。厳しいようだけども。困っている人が発信しないと問題はみえない。しかし、医者はそうしなかった。それはなぜ?

簡単です。実態とはかけ離れたイメージを持たれているからですよ。

「医者は大金をもらっている金持ち 」
「豪邸に住み、贅沢な暮らしをして、休暇も優雅に過ごしている」
というイメージを、世間は医者に対して持っているからです。マスコミもそのように煽っていますしね。そして、マスコミは必ず「悪いのは医者!」と決め付けていますし。

そのようなイメージを持たれている病院勤務の勤務医達が、現実を訴えて果たして、まともに聞いてくれる人が世間に何人いますか?

へたすりゃ、「それは医者の我侭だ」「怠慢だ」「医者は『仁術』だろう」といわれるが落ちですよ。物言えば唇寒し です。それに、言っても聞いてくれないしね。今年の6月くらいまでは、マスコミは医者を叩く事しかやってません。

>ここまで来ても、発信が2ちゃんにしかないのは、彼らが忙しいからだろうか。

はい、とても忙しいです。月5~14回当直があります。当直の日とその翌日は、36時間勤務になります。その翌日は通常勤務です。ネットにコメントを残す程度の細切れの空き時間しかありません。下手すれば月1~2回オンコール付の休日があれば御の字でしょう。

>公立病院なら自治労か、地域の労働組合とのネットワークが可能だと思うが

自治労も地域の労働組合も、持っている医者のイメージは世間と同じです。医者は権力者ということになっているようです。また、自治労が医者不足についてやっている活動は、「医者をよこせ!」という、単なるクレクレ活動だけです。病院の勤務医達の労働実態など、彼らの眼中にはない ようです。

>一般サラリーマンも80時間くらいは平気で働いている。日本のサラリーマンの平均家庭滞在時間は9時間を切る。15時間は外にいる。

サラリーマンは人相手(入院患者・重症で飛び込んでくる患者・施設の利用者さんなど)の夜勤や宿直をされたことがないので、たぶん理解するのは難しいかもしれません。

勤務医達の当直と比べれば天国の、私の重度知的障害児・者施設での夜勤でも、日勤(7時45分~4時まで)で23時まで残って仕事をするのと比べれば、はっきり言ってキツイです。

私の場合、朝9時から翌日9時半までが勤務です。仮眠は23時から5時まであります。でも、仮眠のとき30m先の部屋の小さな物音に目が覚めます。それくらい気が張っているのです。自宅では震度3の地震ですら気がつかずに寝てるんですけどね。

利用者さんが寝てくれなければ、職員は利用者さんが寝るまで仮眠時間であろうと起きてます。先週はおかげで徹夜でした。自分の書類仕事もおちおち出来なかったです。気になって気になって……

私の場合、夜勤明けの日は非番でうちに帰れます。で、夜勤明けにちょっとややこしい書類を書き込んでるとミスが出るんですよね。日勤のときよりも……

病院の勤務医達は、当直の夜といわず夜中といわず、病棟や救急車で搬送された患者さんたちの手術・治療・診察をこなした上、翌日は非番にならず夜23時あたりまで、診察・治療・手術をこなし、その翌日も通常業務に就かれるわけです。正直言って、笑顔を作るのさえ努力が必要になりますよ、こんなんじゃ。

>ともかく、患者やマスコミはDQNだ。が結論ではいかにも貧しいではないか。

確かに貧しいです。でも、そういう状況におかれているのが、今の病院勤務医達なのです。疲労困憊しきった勤務医達にそう云わせる状況がある 。その打開策が「逃散」なのです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
竹薮様、こんばんは。ばあばです。

>まとめスレとはいえ、やっぱ諸個人の投稿の羅列なんで、分類して解釈して傾向分析などをするにはなかなか困難ですよね。そのこと自体に問題が見えるように思います。

2ちゃんねるは特に ですが、レスの多い掲示板はディスプレイを介しての大勢での会話・議論です。会話ですから、途中から会話に参加される人もあるので、話はあちこちに飛んで当たり前なのです。
ひとつのスレッド(1001のレス)をまず、ざっと読んでみてください。その後で分類されればよろしいかと……

また、紹介したまとめスレは、「僻地医療」とあるように、地方に赴任された勤務医の方が多いので、同僚と愚痴を言い合うわけにも行かず、家族に話せるものでもなく、まして患者や行政にはいえない…といった状況もあり、それでも目の前の患者さんに全力を出そうとすれば、2ちゃんねるでストレス発散しないことにはやってられない状況もあるようです。

>医療関係者のまとまった調査など行われていないのか。
>かなり大規模な母集団に対するアンケート調査の分析などはでていないのか。

そのような問題意識を勤務医達に向けて持つ人など、今までほとんどいなかったのですから、たぶん過去にそのようなものはなかったと思います。

>医療者そのものがこんなになるまでただただ仕事をしていたということもある。厳しいようだけども。困っている人が発信しないと問題はみえない。しかし、医者はそうしなかった。それはなぜ?

簡単です。実態とはかけ離れたイメージを持たれているからですよ。

「医者は大金をもらっている金持ち 」
「豪邸に住み、贅沢な暮らしをして、休暇も優雅に過ごしている」
というイメージを、世間は医者に対して持っているからです。マスコミもそのように煽っていますしね。そして、マスコミは必ず「悪いのは医者!」と決め付けていますし。

そのようなイメージを持たれている病院勤務の勤務医達が、現実を訴えて果たして、まともに聞いてくれる人が世間に何人いますか?

へたすりゃ、「それは医者の我侭だ」「怠慢だ」「医者は『仁術』だろう」といわれるが落ちですよ。物言えば唇寒し です。それに、言っても聞いてくれないしね。今年の6月くらいまでは、マスコミは医者を叩く事しかやってません。

>ここまで来ても、発信が2ちゃんにしかないのは、彼らが忙しいからだろうか。

はい、とても忙しいです。月5~14回当直があります。当直の日とその翌日は、36時間勤務になります。その翌日は通常勤務です。ネットにコメントを残す程度の細切れの空き時間しかありません。下手すれば月1~2回オンコール付の休日があれば御の字でしょう。

>公立病院なら自治労か、地域の労働組合とのネットワークが可能だと思うが

自治労も地域の労働組合も、持っている医者のイメージは世間と同じです。医者は権力者ということになっているようです。また、自治労が医者不足についてやっている活動は、「医者をよこせ!」という、単なるクレクレ活動だけです。病院の勤務医達の労働実態など、彼らの眼中にはない ようです。

>一般サラリーマンも80時間くらいは平気で働いている。日本のサラリーマンの平均家庭滞在時間は9時間を切る。15時間は外にいる。

サラリーマンは人相手(入院患者・重症で飛び込んでくる患者・施設の利用者さんなど)の夜勤や宿直をされたことがないので、たぶん理解するのは難しいかもしれません。

勤務医達の当直と比べれば天国の、私の重度知的障害児・者施設での夜勤でも、日勤(7時45分~4時まで)で23時まで残って仕事をするのと比べれば、はっきり言ってキツイです。

私の場合、朝9時から翌日9時半までが勤務です。仮眠は23時から5時まであります。でも、仮眠のとき30m先の部屋の小さな物音に目が覚めます。それくらい気が張っているのです。自宅では震度3の地震ですら気がつかずに寝てるんですけどね。

利用者さんが寝てくれなければ、職員は利用者さんが寝るまで仮眠時間であろうと起きてます。先週はおかげで徹夜でした。自分の書類仕事もおちおち出来なかったです。気になって気になって……

私の場合、夜勤明けの日は非番でうちに帰れます。で、夜勤明けにちょっとややこしい書類を書き込んでるとミスが出るんですよね。日勤のときよりも……

病院の勤務医達は、当直の夜といわず夜中といわず、病棟や救急車で搬送された患者さんたちの手術・治療・診察をこなした上、翌日は非番にならず夜23時あたりまで、診察・治療・手術をこなし、その翌日も通常業務に就かれるわけです。正直言って、笑顔を作るのさえ努力が必要になりますよ、こんなんじゃ。

>ともかく、患者やマスコミはDQNだ。が結論ではいかにも貧しいではないか。

確かに貧しいです。でも、そういう状況におかれているのが、今の病院勤務医達なのです。疲労困憊しきった勤務医達にそう云わせる状況がある 。その打開策が「逃散」なのです。
2006/08/27(Sun) 17:27 | URL  | ばあば #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。